頼れるデータ復旧業者|企業がIT技術を活用するためのサポート

画期的な電子情報送信手段

PCデータ

企業内の別部門へのデータファイルの共有や、外出している従業員へデータファイルの共有が必要となる場面というのは数多く訪れます。そういった場面が訪れた際に、多くの企業ではメールや物理記憶装置(外付けハードディスク・USB等)といったデータファイル送信手段を用いるでしょう。しかし、どちらのデータファイル送信手段においても大きな欠点が存在します。メールの場合、大容量データファイルの送信を行うことができません。データを分割し複数回メールを送ることで可能ではありますが、それは手間と時間が掛かるため非効率的といえるでしょう。物理記憶装置に関しても、大容量データファイルを保存しそのまま渡すことができますが、物理記憶装置自体の盗難リスクが発生します。盗難が発生した際には、企業の情報をそのまま読み取られてしまうのです。また、故障によるデータ損失といったリスクも発生するでしょう。遠方の支社へ送る際には、郵送コストも発生します。このように、メールや物理記憶装置によるデータファイル送信手段には大きな問題があるのです。
ファイル送信サービスと呼ばれるソフトウェアを利用することで、従来のファイル送信手段で発生していた大きな問題点を全て解決することができます。ファイル送信サービスでは、大容量データファイルを一度に複数の相手へ送信することも可能となっているのです。また、セキュリティ面に関しても全ての送受信経路を暗号化するといった高い水準を誇っています。企業にとって、ファイル送信サービスを利用することで得られるメリットというのは、業務効率の向上と安心できるデータファイル共有といった嬉しいものです。